トップページ > 業務用 麺道具 > つけ麺用デカてぼ

つけ麺用デカてぼ

ポケットの空間が広く、つけ麺など多量の麺を茹でることに長けるモデル

材質本体:18-8ステンレス/ 柄:天然木

つけ麺用デカてぼ商品説明

通常のてぼに比べて径が広く(通常は14cm、デカてぼは15cmと16cm)、バスケット内の容量が大きいため、多い麺量を茹でる必要があるつけ麺等には最適なモデルです。また、平底の構造がお湯の対流効果を最大限に引き出します。



使用している金属線や金網が通常のタイプより太く、通常のてぼとは一線を画す、長期間使い続けても壊れない圧倒的に耐久性の高いてぼです。

☆ポイント①:抜群の耐久性
日々の湯切り動作の中で負担のかかるのが、柄の付け根部分。この部分は一般的なてぼに用いられるワイヤーの太さ(3.5mm程度)に比べ、2倍の強度を持つ(5mm)線を使用することで、抜群の耐久性を実現しました(面積比で一般的なてぼの4倍の耐久性)。

さらに金網も太線を使用しているため、ハードに使用していても変形や網切れが起こりにくいです。


☆ポイント②:お湯が切れやすい荒目の6.5メッシュ
太麺を想定したモデルのため、金網も太く、荒いメッシュを採用しています。通常のてぼに使用する8メッシュより1段階荒い6.5メッシュのてぼのため、湯切れの良さが特徴です。

☆ポイント③:熱さを感じさせない木柄ハンドル
一般的に流通しているてぼに多いのが、木柄パーツの外側に金属線材が出ているモデル。当社のてぼは金属線材(ワイヤー)を天然木で包み込む構造になっているので、熱くなった金属のワイヤーが手に触れることなく、手にやさしい仕様になっています。木柄ハンドルは木柄の持ち心地の良さがポイント。手になじむ感じを好む方におススメのモデルです。

☆ポイント④:ハンドル裏のフックで鍋のフチにも引掛け自在
ハンドルの裏についているフックを曲げれば、鍋のフチに引掛けて使用することもできます。フックは手で自在に曲げることが可能です。

つけ麺用デカてぼ動画

つけ麺用デカてぼ品番表

品番 規格 径×深さ×柄長
(mm)
メッシュ
(開き目:mm)
対応麺量
(g)
価格
(税込)
入数 重量
(g)
10114 16cm φ160×H150×220 6.5 (3.3) 400 4,620 40 370
10115 15cm φ150×H140×220 6.5 (3.3) 300 4,400 40 350